交わることも、繋がることもなく、
伝える術も知らず、
伝わることもなかった




幼さ故に何度も迷って


違えてしまった僕たちの恋




今なら正しく進んでいけた??






−もしもあの日に戻れたら−






叶うはずもない願いを想い
別々の夜空を指先で辿る





あの星の名前も



未熟すぎた想いも、



痛みも切なさも苦しさも





−僕はまだ覚えているよ−







−君が覚えていなくても−






※この物語は
実話を交えたフィクションです※



この作品のキーワード
恋愛  都会  田舎  実話  フィクション  星空  過去  現在  初恋  純粋と過激