没落華族
――しかも妾の子として生まれた私が
恋い焦がれる相手は、
日本経済をけん引する紡績会社の御曹司。

愛してもらえなくてもいい。
ただそばにいられるだけで構わない。

互いの家のためにそう思って嫁いだのに、
あなたの心が欲しくてたまらない。

「俺としよう。情熱的な恋、を」

今、なんとおっしゃったの?


これは、明治に花咲くひとつの恋の物語。


2018.06.27

この作品のキーワード
純愛  ヒストリカル  溺愛  御曹司  明治  政略結婚