俺はあの日普通が普通じゃなくなった。

意味がわかんなかった。

こんな人生なら生きている意味がないと思った。

でもあいつだけは違った。

あつしなら大丈夫。私が付いてる。

そういって励ましてくれた。

迷惑かけてばっかでごめんな。

病気治して今度は俺が守ってやらないとな。

この作品のキーワード
スタ文大賞3  骨肉腫