ずっと、ずっと

【貴方の】【君の】

隣に居たかった。



願わくば

【貴方の】【君の】

笑顔の理由が

【私で】【俺で】

ありたかった。


でも

【貴方は】【君は】

もう二度と

【私の】【俺の】

顔なんて見たくないだろう。


だって

【大切な人の】

笑顔を奪ったのは

【私だ】【俺だ】

から。





この作品のキーワード
恋愛  切ない  すれ違い  青春  イチ恋小説  先生  生徒  禁断の恋