一目惚れしたんです
正直言って、顔がドストライクだったんです
お酒の力を借りて、口説きました


「軽い女は好きじゃない」

「軽くないし、こう見えて好きになったら一途なんだから」

「最初は誰だってそう言うんだ」

「その辺の女と一緒にしないでよ」

「ふーん、じゃぁ証明してみろよ」


とはいえ、酔った席での勢いで
まさか、後日上司になって現れるなんて思ってませんでした


「私のこと、覚えてます?」

「さぁ? 知らないけど」


どうしてとぼけるの、どうして冷たくするの?
どうして目を合わせない? どうして避ける?
そうしている間にも、どんどんこっちは好きになって
顔だけじゃない、中身も好きになって、好きすぎて


「好きです!」

「いや、だから無理だって」


今日も今日とて、告りますのでご覚悟を




♢―――――――――――♢

2018.10.18~12.09
別サイト「報われない恋だと知っていても」より
リメイク作品



あらすじ

とあるBARで絵に描いたような理想の男・水瀬に出会った紗夜はお酒の力を借りて口説いてみるが、「一途を証明してみろ」という無理な条件をつけられたまま連絡が取れずにいた。そんな中、水瀬が上司となって現れた。これは運命だと舞い上がる紗夜だが水瀬は何も覚えてないようで……。

この作品のキーワード
上司  一目惚れ  一途  告白  じれじれ  オフィスラブ  大人の恋