*改稿前の文章です。文庫には書き下ろし番外編がついています。


「この結婚話を破談にするために、
私は悪い娘になります!」


自らの悪評を立てるべく、人に迷惑をかけようと奮闘するセシリア王女。

しかし、一生懸命に悪さしたつもりが、
なぜかターゲットに感謝されてしまい……。


「全ては王女殿下のおかけです。
ありがとうございます!」


密かに想いを寄せる騎士団長には、
褒められる始末。


「さすがはセシリア様です。清らかなあなたでしたら、嫁ぎ先でも、きっと皆様に大切にしてもらえることでしょう」


(どうしましょう。このまま好きでもない人と結婚しなければならないのかしら? いいえ、まだ諦めないわ。運命は自分の手で変えるのよ)


まっすぐな王女を全力応援するのは、
ドタバタ双子の侍女、ツルリーとカメリー。

女三人、力を合わせて悪役令嬢目指します!


2019.4.10 完結公開
ベリーズ文庫様にて発売中です!

好評発売中

あらすじを見る
適齢期の王女・セシリアは、ある日父王から隣国の王太子との婚約を聞かされる。だけど、セシリアはひそかにイケメン騎士団長に片思い中。こんな婚約、絶対に破棄してやる!と意気込んだセシリアが出した答えは――立派な悪役令嬢になること!?人に迷惑をかけて、淑女失格の烙印をもらうため、あの手この手でとんでもない悪戯を試みるが…!?
この作品のキーワード
異世界  王女  騎士団長  ラブコメ