「俺はただの……ただのおじさんだ」

それは、私を完全に拒絶する言葉でした――。


4月から私が派遣された職場はとてもキラキラしたところだったけれど。

女性ばかりでギスギスしていて、上司は影が薄くて頼りにならない。

「おじさんでよかったら、いつでも相談に乗るから」

そう声をかけてくれたおじさんは唯一、頼れそうでした。

でもまさか、この人を好きになるなんて思ってもなかった。

さらにおじさんは、私の気持ちを知って遠ざける。

だから私は、私に好意を持ってくれている宗正さんと偽装恋愛することにした。

……おじさんに、前と同じように笑いかけてほしくて。


羽坂詩乃

24歳、派遣社員

地味で堅実
真面目
一生懸命で応援してあげたくなる感じ

×

池松和佳

38歳、アパレル総合商社レディースファッション部係長

気配り上手でLF部の良心
怒ると怖い
黒ラブ系眼鏡男子

ただし、既婚

×

宗正大河

28歳、アパレル総合商社LF部主任

可愛いのは実は計算?
でももしかして根は真面目?
ミニチュアダックス系男子


選ぶのはもちろん大河?
それとも禁断の恋に手を出すの……?

******
表紙
巴世里様
Twitter@parsley0129

******
2019/05/07 編集部のお勧めに選んでいただきました。
ありがとうございます。

******
2019/04/01 連載開始
2019/05/04 完結

この作品のキーワード
眼鏡リーマン  眼鏡男子  眼鏡萌え  メガネ萌え  禁断  大人の恋  年の差  上司と部下  禁じられた恋  三角関係