数百年に一度、多々羅ヶ峰神社を継ぐ家系には、身体にお狐様の足跡のアザがある娘が生まれる。
そのアザは、神社に奉られているお狐様に嫁入りする証。

そんな古くからある言い伝え…。

迷信だと思っていた…。

山の中の小さな古びた祠の前で私は彼に出逢った。

銀狐の〈珀〉。

彼に見いられてアザがつけられた。

珀の嫁となる証を…

この作品のキーワード
  溺愛  結婚  あやかし  神社  許嫁