★★★★★
楽しかった!
希樹...実に変わった名前。でも、そんな彼女の心の中の描写が実に愉快で楽しめました。先が読めない物語に自然と引き込まれて行き、とうとう真相が明かされ姉の羅良が性同一性障害(※此の障害者と云うレッテルを貼り異端児であると区別する社会は私は認めていない。)で、其の事を悩み死のうとまでした事。其れを放っておく事が出来なかった裕ちゃんの《希樹が好き!》気持ちを押し殺し生きた日々。そして、そんな彼を見てきた羅良の気持ち。全てが繋がった時の感動は決して忘れる事が出来ません。
先生、これからも素敵な作品を宜しくお願い致します。
后令寺翔妃
19/11/10 08:40

>>新着レビュー一覧へ