僕はマコ姉を愛してる

でもマコ姉は
僕を見ていない

僕に甘えながら

兄貴を見ている
兄貴に抱かれた気分になっている

それは知っていたし

それでいいと
思っていた

誰にも見せない

マコ姉のすべてを
見れるなら

僕はそれでいいと
マコ姉に言った

でも
もう終わりしようと

僕から言い出した

マコ姉が
兄貴にキスをしたと

言ってから

僕は決めた

マコ姉から
僕は離れたほうがいいと

僕は
マコ姉のそばにいては
いけない




これはアンバランスシリーズ三作目
アンバランスな苦悩の番外編です