ーーーーーーーーーーーーー

いつも一生懸命笑顔で仕事する彼女を見ながら
片思い歴 はもう10年が過ぎたところ。

無表情のよくわからない同期
共に仕事をする同期
触れられなくてもどかしい同期
ひたすらこの距離を守ってきた僕に

転機が訪れる。


「ずるくてもいい 君が手に入るなら。」


君を守るためなら 僕は何にだってなる。








●レビューありがとうございます●

○まこまこちー様
本編から、こちらまでありがとうございます。
富丘くんと里人さんは同級生です。散りばめられている部分を回収して下さり、ありがとうございます
(^^)
励みになるお言葉ありがとうございました。


○ブックセンター様 
何作か読んで頂きありがとうございます。
そして、色んなストーリーから回収して頂きありがとうございます。富丘の会社は、別ストーリーの舞台となっております。
励みになるお言葉ありがとうございました。

○聖夜月ルカ様
本編も読んで頂きありがとうございます。
富丘のギャップを書きたくて、別ストーリーから短編という形で書かせてもらきました。
励みになるお言葉ありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーー

□誤字訂正にて、全体修正しました。

□「死ぬのは溺愛のあとにして?」の富丘くん目線です。
□この作品だけでも楽しんで頂けるようにしました。短編なので良かったらご覧下さい。

あらすじ

ずっと保ってきた、同期の関係。
これ以上前に勧めないのは、君に愛する人がいるからであり、僕が臆病だから。
でもそんな僕にも転機が訪れた。

「諦めが悪くて…何が悪いの?。」

だから僕は決めた。

「ずるくてもいい。君が手に入るなら。」

この作品のキーワード
同期  クール  大人の恋  チーム青  イケメン  切ない  片思い  男目線  婚約者  溺愛