完璧主義



勉強も運動もできる優等生



常に笑顔



まわりは人で溢れている







それがわたしの『仮の姿』



本当のわたしなんて、誰も知らない



そう思っていたのに―――




「へえ、それが素なんだ」


「っ!」



学年1不良と呼ばれる彼にばれてしまった





「いいじゃん。俺のせいにすれば」



「お前、そっちのほうがいいよ」



「俺はお前が心から笑ってるならそれでいい」




でも、その彼は誰よりも優しくて温かかった―――








2020.6.8~
おすすめ掲載に載せていただきました!

この作品のキーワード
高校生  仮面  お嬢様  お坊ちゃん  大富豪  不良