数合わせのため、誘われて

(というか、ほぼ拉致に近い状態で)参加したコンパ。

あたしには好きな人が居るから関係ない

そう思ってたはずなのに──。


「美琴って名前なんだ?じゃあ──『ミコちゃん』」


グイグイくるな、って思ってたら


「付き合ってる人が居ないなら、俺と付き合ってよ」


だから、好きな人が居るんだって。


「俺のことしか見れなくしてあげる」


猫っ毛のあたしの髪の毛に

指をクルクル絡ませ、至近距離でそう微笑む。

ふわふわユラユラ揺れる恋心

それなのに……。


「和泉くん、もしかして──○※×△□§¶(言葉にならない声)?!」


「だから?」


夢見る女子高生 × 最強『○※×△□§¶』(笑)



2020.8.1~

この作品のキーワード
年下  溺愛  片想い  ドキドキ