なぜそこに居たのか?

 自分の名前すらも思い出せない。

 一体いつ死んだのか……?

 どうして彼女から離れられないのか?

 謎ばかりの僕は幽霊で、なおかつ子供だった。



「そっか……。名無しの権兵衛さんなのね……。ゴンベはちょっと可愛くないから、ゴーストの……。あっ! ゴウくんって呼んでもいい?」


『……いいですけど。安直ですね?』



 見ず知らずの変なお姉さんーー花純さんの魅力に翻弄されながらも。


 彼女との奇妙な同居生活が始まる。




*ラストはハッピーエンドです。
ファンタジー強めですが、恋愛がベースの物語になります。よろしくお願いいたします(๑˃̵ᴗ˂̵人)♡

全91Pで完結となります。







この作品のキーワード
ファンタジー  幽霊  切ない  小学生  薔薇  同居  花屋  天使  高校生  年下年上