ーー私は今でも、あなたがしてくれた
たった一度のキスが忘れられないーー


雪永光莉(25)は大学時代、
人気者の先輩・檜山水樹が実は不遇な生い立ちで劣悪な暮らしをしていると偶然知ってしまい、秘密の関係となる。

しかし、家庭の事情により光莉が大学中退を余儀なくされ、彼を遠ざけて関係は終わった。

それから、五年。

幸せとは程遠い空っぽの毎日を送る光莉の前に、再び水樹が現れる。
彼は名字が変わり、なぜか大企業の御曹司になっていた。

◇重く切ないダークラブストーリー◇

2020.10 完結

*godisdora様、結城ひなた様、素敵なレビューをありがとうございました!*

この作品のキーワード
御曹司  溺愛  同居  純愛  不器用  切ない  じれじれ  すれ違い  ダーク