ベリーヒルズビレッジの新興企業
ハピネスブライトに勤務している
星崎七海(ほしざきななみ)は
「眠り姫」と呼ばれている。

他部署の応援に呼ばれた彼女は
若き社長新羅徹也(しんらてつや)に
目をつけられる。

財閥の御曹司である彼の母親は
大女優の池内佐和子(いけのうちさわこ)。

選ばれた者だけが足を踏み入れることのできる
五十六階のVIPラウンジ。

七海はそこで大女優から、
「身の程を知りなさい」と
冷酷な言葉を浴びせられる。

御曹司のために身を引こうと決意し、
退職してベリーヒルズビレッジを去る七海。

そこで徹也のとった行動は……。



ーーー 注 ーーー

前作
『溺愛アフロディーテ 地中海の風に抱かれて』
から5年後の設定になっています。

今作にも登場する
ミケーレ、美咲、大里健介たちの
物語は作者のリンクを参照してください。

もちろん、背景を知らなくても、
今作をお楽しみいただけます。

ーーー お礼 ーーー

無事完結いたしました。
感想投票ありがとうございます。



この作品のキーワード
御曹司  ベリヒル  身分差  セレブ  社長  地味OL  富豪