昔住んでた土地にまた戻ってきて

“彼”のいる高校に転入が決まったから


もう一度やり直したいって思ってた。


……なのに



「へー。じゃあ相手してやろっか。
思いっきりひどくしていーんなら」



“彼”は別人かと思うほど

軽薄なひとに変わり果てていました。




✱────────✱

軽薄冷酷イケメン    癒し系一途美少女
(※素直じゃない)   (※愛が重すぎる)
佐野 藍    ×    小柳みう
Sano Ran       Koyanagi Miu

✱────────✱




「他の女と遊ぶのやめてもいーけど。

その代わり、小柳さんは
俺に好き勝手される覚悟ある?」



だって、あの頃みたいな

藍くんの「わたしだけ」が欲しかったの。



「藍くんになら……っ、
ひどいこと、されても……いい」

「……あっそ。後悔しないでね」



うそだよ……そんなの悲しいよ。


ほんとはあの頃みたいに





「……ちょっと優しくしただけなのに
そんなかわいーことになっちゃうの、おまえ」




優しくしてくれなきゃ、やだ。


 

この作品のキーワード
冷たい  天然  甘々  溺愛  一途  独占欲  ベタ惚れ  素直じゃない