「あの女よ!あいつがグレイソンをたぶらかして、邪魔な婚約者のカティアに毒を盛ったんだわ」


冤罪から悪役の汚名を着せられて
家を守るため、ただひとり
国を追われた令嬢エスター。

見知らぬ土地で嵐の夜に出会ったのは
美しく獰猛な獣だった。


**

冷酷な獣と噂される孤高の陛下
ラヴィス=ベルナルド
×
悪役令嬢として追放された純真な娘
エスター=ランジェット

**


「お前のような子兎を始末するのは容易い」

「私は薬師なんです。下心なんてありません」


ある理由から婚約者を演じるよう命じられ
エスターは仮初めの寵愛を受けることに。

周囲から畏怖されていた悪役陛下は
純真な心に触れるうちに、
徐々に甘い恋情が芽生えはじめ……?


「貴様らはエスターのなにを知っている?少し甘噛みしたくらいで赤くなるような初心な女が、男をたぶらかせるはずないだろう」


ヒトを捨てたはずの彼の言葉は
味方のいなかった彼女を優しく包んでいく。


「手を伸ばしたら、傷つけてしまうのではないかと怖くなる。それでも、狂おしいほどに、お前に触れたくてたまらない」


悪役のレッテルを貼られたふたりの
もどかしくも純粋な恋愛劇、開幕……!


「一国の王であるお方が、なぜこのような森の奥深くにある古城に住んでおられるのですか?」


冷酷陛下の抱える秘密をまだ知らない。


表紙公開*2020.12.28
START*2021.2.17
END*2021.3.11

\ジャンル別ランキング1位/
野いちご    2021.3.15
ベリーズカフェ 2021.3.18

第2回ベリーズカフェファンタジー小説大賞
【異世界恋愛ファンタジー部門賞】受賞


【最終話後のエピローグSS
ファン様への感謝を込めて限定公開中!】


*ベリーズ文庫より書籍化いたしました!
サイト版は、改稿前の内容です。



好評発売中

あらすじを見る
薬師として働くエスターは、その美貌から悪女と誤解され追放されてしまう。森で野犬に襲われそうになったところを、冷酷な獣と噂される隣国の国王・ベルナルドに拾われる。助かった――と思いきや、私、スパイだと疑われてる…?身の潔白を証明するため、城に滞在することになったけれど、陛下に偽婚約者になるよう命じられる。かりそめ関係のはずが気づけばたっぷり寵愛されていて…!?
この作品のキーワード
異世界  悪役令嬢  追放  モフモフ  秘密  寵愛  冷酷陛下