「好きです!」

そう私に告白してきた彼は、嘘つきだった。それを知ってから、私の日常は変わってしまった。

自殺しようとした時、私を救ってくれたのは――。

目次

この作品のキーワード
  自殺志願  救い