メアリ・クルー。それが女騎士である彼女の名前だ。彼女は男爵家に生まれた次女だ。男爵家はもともと、男児が産まれれば騎士団に入ると決まっている。だが、彼女の両親の間には女の子が二人しか生まれなかった。

『メアリを騎士団に入れよう。アナは伯爵家次期当主との婚約が確定しているからな』

 婚約者がいた姉のアナを守るために男爵家の皆の話し合いで決定したのだ。お姫様のような服を着て育てられたアナとは違い男子のように立派な騎士になるべく育てられた彼女は弱音の吐かない子に育った。
 17になったメアリは正式に騎士として騎士団に入団し、他の騎士に劣らない立派な女騎士となり国王陛下の専属騎士となった。そして、彼女は国王陛下に恋をしてしまった。

 だが、小説の悲劇はここからだった。国王陛下であるギルバードは隣国の姫君ダイアナ王女が好きだったのだ。
 無事結ばれるのだが、結婚式当日。メアリは自らの恋のために反乱を起こし国王陛下を殺そうとし……結果、処刑される。


そんな小説の中に入ってしまったヒロインがメアリを幸せにするべく奮闘する話。





この作品のキーワード
シナリオ  ファンタジー