彼は孤独だった。

彼はいつも怒っていた。

彼はとても不器用だった。

私の中で何かが変わってしまった。そう、あの時、あの少年に出会ってしまった日からーーー。

あらすじ

両親が離婚し、父方の祖父母のいる町へ引っ越してきた。
その日はちょうど、何十年に1回あるお祭りの日で、お祭りが開かれると必ず女の子が失踪するという…。お祭りの日、私は黒髪に赤い瞳の男に腕を掴まれた。彼にはどこか懐かしさを覚えて……。
この瞬間から、私の運命は狂い始めたーー。

この作品のキーワード
ファンタジー  恋愛  狼男  人外  純愛  逆ハーレム