私は、彼のことが“一人の男の子”として大好き


でも、幼なじみを利用してそばにいるのは、もうやめたい


“一人の女の子”として、見て欲しいの


“幼なじみ”として私を溺愛する彼は………




大嫌い




♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:



クールに見えて、実は寂しがり屋
霧山 雫 -kiriyama shizuku-

×

雫の幼なじみで、超過保護
瀬名 結弦 -sena yuzuru-



♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:+♤+:;;;;;;:



「みんな見てるから離してっ!」


「なんでよ?僕たちが周りの目を気にする必要ないでしょ?見せつけとけばいいの」



やめてよ



「手、離しちゃダメだからね?雫は昔から迷子になりやすいんだから。僕から離れるの禁止」



幼なじみとしての言葉なんて欲しくない



なのに…



「っ…もう、限界。僕、我慢しなくていい?」



たまに見せる思わせぶりな言葉と、溺愛が





私を離してくれない

この作品のキーワード
幼なじみ  溺愛  甘々  独占欲  過保護  切ない  胸きゅん