いつも、その視界に入りたくて。
私はキミの傍にいる。

微笑んで他愛ない言葉を交して。
胸の中に秘めた想いを一人、膨らます。


キミが、好き。


ただ、それだけ。



他には何もいらない。


なのに、彼は…。
こんな私に何かを与えようとする。


そんなこと、しないで?

私は本当に、ただキミが好きなだけ。




桜塚悠(さくらざかゆう)

×

矢部尚人(やべなおひと)


目次

この作品のキーワード
21実話エピ  高校最後の恋  視界  挨拶  未来  応援