杉浦真帆、高校三年生。
私は今、恋をしている。

物理の梶先生が大好き。
何度も告白しているけど、いつもはぐらかされる。

でもめげないもん。
先生に認めてもらうために立派な社会人になってやるんだから。

そうしたら先生にまた告白するんだ。


先生にもらったタピオカミルクティーの味は、きっと一生忘れない。


**********

このお話は、他のサイトにも掲載しています

この作品のキーワード
先生  失恋  胸キュン  学生  悲恋  高校生  切ない