藤川 雅 (32) 外科医

藤川 晶 (28) 大病院の娘



結婚して5年。
すぐに一緒にニューヨークに渡り、雅は外科医としての腕を磨くためにほとんど病院に寝泊まりをして、帰宅すること自体ほとんどなかった。

こうしてちゃんと向かいあって食事をするのは何度目だろう。
お見合い結婚だった私たちは、顔を合わせて話をすることも今までなかった。

向かい合った食事も、もしかしたらお見合いをしたその日が最後だったかもしれない。

そして・・・
これが最後の食事。

私のバックの中には日本行きのチケットが一人分。

心の中に想いを秘めたまま、私は一人日本に帰る。
あなたを愛してしまったこの想いを秘めたまま・・・。

「雅さん、離婚してください」
そう告げた瞬間、雅はピクリとグラスを握る手に力を入れた。



☆Riduさん レビューありがとうございます。あとがきに込めた私の想いを読んでくださったこと、うれしいです。そして私の想いを受けて、もう一度読んでくださったとのコメント。本当にうれしいです。正直、子育てと仕事と小説と・・・要領よくこなしていくことが難しい不器用な性格の私です。それでもどれも大切で、どれかがかけても私を保てないのだろうとわかっています。いただいたコメントで一人じゃないと実感できました。共感して、同じようにどこかで日々を送っている方の存在に触れられて、救われる思いとともに、明日への力をいただきました。ほかの物語でもお会いできたらうれしいです。本当にありがとうございました。

☆sadsukgcさん レビューありがとうございます。いつもコメントもいただき、私が小説を作りあげるときに寄り添っていただいているような感覚でいます。物語の続きを読みたいとリクエストいただくたびに、登場人物に想いを込めて読み上げてくださっていることを感じてうれしく思っています。これからもほかの作品でもお会いできたらうれしいです。よろしくお願いします。

あらすじ

大病院の娘、藤川晶。お見合い結婚をしたのは外科医の藤川雅。
病院を継いでもらうためにした結婚。そこに愛はなかった。
そして必要なかった。なのに・・・愛してしまった・・・。
想いを秘めたまま、晶はある事実を隠したまま一人、雅の留学先であるニューヨークから一人帰る決意をする。「雅さん、離婚してください」晶の言葉から始まる、甘くて切ない大きな愛の物語。

この作品のキーワード
  お見合い結婚  溺愛  外科医  離婚  ハイスペック