目を瞑る前に視界に飛び込んできた、大きな瞳。

優しくて、甘くて。
少しだけ、熱と切なさを含んだ眼差し。



「あ、この匂い……」

「はい。付けてきました」

「もしかして、期待してた?」

「そ、そういうわけじゃ……っ」



言い終わる前に再び口を塞がれた。

香りを食べ尽くすように、2回、3回と、角度を変えて、唇が重なる。


この前のキスよりも熱く感じるのは、甘く感じるのは。

時間帯のせいでも、リップクリームの香りのせいでもない。

──全部、零士先輩のせいだ。



「世蘭ちゃん、好きだよ」

「私も……っ」



好きです。

息切れしながら言葉を紡ごうとしたその時。




「何、してるんですか……?」



突然、どこからか聞こえた、震える声。


それは、私も先輩も、よく知っている声で。

私からすると、今朝も数十分前にも聞いたばかりで、記憶に新しい。



「郁海……!」



バッと私から離れた先輩が、階段下にいる樫尾くんの姿を捉えた。

今までに見たことがないほどに、目は大きく開かれており、口元は引きつっている。


嘘……どうしよう。


ドクン、ドクン。

2度、心臓が嫌な音を立てた瞬間。



「……っ、世蘭ちゃん!」



隣に置いた荷物を持ち、制止する声を振り切って、急いでその場から走り去った。