一花は、陸の事が初めて会った時から大きらい。

横柄な態度。

睨むような視線。

作られたイメージで私を蔑む。



でも、ある日気がついた。

彼の事が大好きになっていた事を…。

あらすじ


島谷一花は、事情があって叔父の勧める縁談を受けた。

夫となる人は、どうやら一花がお気に召さないらしい。

離れて暮らす事、数ヶ月。

いきなり、彼に愛される日々が始まった。



だがそれも…長続きはしなかった。

一花は、彼と別れる道を選んでしまったのだ。

この作品のキーワード
契約結婚  年の差  別居  すれ違い  妊娠  子供