「君の目に俺以外映らないほど、俺に溺れさせたい」

初夜を拒んだ私に彼が宣言する。
これは家同士の結びつきを強くするためだけの、政略結婚のはずなのだ。
彼もそういうものだと割り切っていた。

しかしいま、私を見る彼の瞳は熱く蕩けている。

彼にとって私は、いったいなんなんだろう……?


鴇田(神鷹)清華(25)

父は日本三大メガバンクのCEO
母は元大臣の娘

ファッションデザイナー志望
夢は自分のブランドを立ち上げること

努力家で頑張り屋
自分の意思は絶対に曲げない、頑固な一面も

×

神鷹零士(34)

旧神野財閥創始者一族で次の当主

自身も航空会社をはじめ、いくつも会社を経営している遣り手

言葉遣いは一見マイルドだが、押しが強く俺様
実は純粋な一面も?


見合いで出会ったその日に結婚したふたりは、愛を育んでいけるのか……?


******
2021/11/7 連載開始
2021/12/03 改稿&番外追加

この作品のキーワード
御曹司  眼鏡男子  俺様  スパダリ  大人の恋  再会  夫婦  純愛  初恋  政略結婚 

関連する企画

4ヵ月連続刊行!!~2021年ベリーズ文庫シリーズ 極上悪魔なスパダリシリーズ~