水族館を出た私達は、予約していたレストランに向かっていた。

「本当はさ、REVOが終わってすぐに春菜とキスしたかったんだけど、親御さんが来てたから無理だったんだよな」

「お父さんとお母さん、号泣しながらステージ近くまで来るんだもん! 本当にびっくりした」

「挨拶、どのタイミングでしたらいいのか迷ったよ」

私達はプッと吹き出して笑う。


そのとき、私のスマホが鳴った。
少し遅れて、ヤマトのスマホも鳴る。


「あれ、なんだろ? ちょっと電話に出るね」

「俺もだ」


「……はい、もしもし」

『夜遅くにすいません。eスポーツ日本代表選考委員会のものですが……』

「なんでしょう?」


『実は、今度の世界大会でアタックウォリアーズのチーム戦が競技内容として決定しました。個人戦はヤマト選手が出るのですが、チーム戦、ダブルス戦ではハル選手も出場をお願いしたいんです』

……。

私たちは電話を切り、顔を見合わせる。

「選考委員から?」

「うん」


「まさか、ふたりで日本代表になるなんて」

「でもこうなったら、やるしかないだろ!」


頂上にある星を、絶対にとってみせる!










eスポーツ‼
~恋人も友達もいないぼっちな私と、プロゲーマーで有名配信者の彼~

(END)

この作品のキーワード
恋愛  ラブコメ  プロゲーマー  高校生  書籍化教室  青春  溺愛  eスポーツ