永江央太 34歳
女性には特にクールなヤリ手弁護士

小関真綾 29歳
五歳の男の子のシングルマザー

央太からの熱烈なアプローチで、二人は付き合うことに。
仲睦まじい二人は、このまま永遠に愛を築いていける。
そう思っていたのに……。
どうにもならない未来に絶望して荒れ狂う央太を、
優しく受け止める真綾。
央太は縋るように真綾を激しく抱いたのだが……。

あの夜が、二人の運命を変えてしまった。

央太の子どもを宿していると告げられずに、
真綾は単身イギリスへ――

あれから六年。
もう二度と会わないと思っていた央太に、オフィスで再会。

「許さなくてもいいから、そばで真綾を見つめていたい。
その権利がほしい」

二人を繋ぐのは、赤い糸? それとも――?
切なさが交差するシークレットベビーストーリー 

この作品のキーワード
弁護士  シークレットベビー  シングルマザー  妊娠  イケメン  切ない  ハッピーエンド  溺愛