突然、婚約解消を告げられたリューディア・コンラット。
彼女はこのリンゼイ国三大魔法公爵家のご令嬢。
彼女の婚約者はリンゼイ国第一王子のモーゼフ・デル・リンゼイ。
彼は眼鏡をかけているリューディアは不細工、という理由で彼女との婚約解消を口にした。

リューディアはそれを受け入れることしかできない。
それに眼鏡をかけているのだって、幼い頃に言われた言葉が原因だ。

「君はブスなのだから絶対にボク以外の男の前でその眼鏡を外してはいけないよ」

余計に素顔を晒すことに恐怖を覚えたリューディアは、絶対に人前で眼鏡を外さないようにと心に決める。

モーゼフとの婚約解消をしたリューディアは、兄たちに背中を押され、今、新しい世界へと飛び出す。
だけど、眼鏡はけして外さない――。

あらすじ

「君はブスなのだから絶対にボク以外の男の前でその眼鏡を外してはいけないよ」

幼い頃、リューディアの素顔を見た彼は、そう言った――。


※2022.5.26:連載開始
※2022.6.14:ファンタジー部門ランキングランクイン
※2022.6.21:総合ランキングランクイン
※第3回ベリーズカフェファンタジー小説大賞用書下ろし作品です。
※他サイトでも後追い掲載有

この作品のキーワード
異世界恋愛  婚約破棄  眼鏡っ娘  魔導士  政略結婚  残念な男  採掘師  魔宝石