若くしてその手腕を評価され
不動産王と名高い御曹司からのいきなりのプロポーズ。

訳ありの契約結婚をした私たちに
愛などないはずなのに……。


「お前は俺のものだ。
煽った責任はとるよな、もちろん」


独占欲をむき出しにする彼は、
熱い眼差しで私を縛る。


\ベリーズ文庫【極上四天王シリーズ】/

こちらは試し読みです。

この作品のキーワード
溺愛  御曹司  甘々  契約結婚  仮面夫婦  不動産王