深い接吻けをしよう。
君が、酔い痴れ震えるような。


君を愛してるという気持ちを込めて、
長くて深い接吻けを交わし合おう。
互いの温度が肌がぴたりと吸い付くような。


溶け合う二人。

聖なる夜にぴったりな、愛の証。


あぁ…早く。
愛を語るより接吻けを交わしたい。


「君が欲しい…ただ君だけが」
桐島蒼(きりしまあお)♂30歳

×

「貴方よりも私の愛は深いですよ?」
佐伯香帆(さえきかほ)♀28歳


あらすじ

桐島蒼は、スマートに全てをこなせる社内で「クール」の部類に入る冷静沈着な男。そんな彼に片想いをしていた香帆は、突然向けられた彼からの告白に戸惑いつつもOKをした。そしてやってくるX'masの夜。デートの約束をした二人の先に待っているものは?愛というモノの二人の形とは?社内にいる彼と自分と二人きりの時の彼のギャップに骨抜きにされる香帆から芽吹く想いの変化に目が離せない。

目次

この作品のキーワード
X'mas  デート  キス  手のひら  イルミネーション