★★★★★
究極の愛と萌え
人を大切に想う事、その温かさと切なさがとても胸に響く作品です。

「愛」故の「歪み」。
クルキの想いが苦しくて、言葉に出来ません。

この作品に出逢ってとても影響を受けました。
萌えの中にも、しっかりと存在するズキンッてする切なさが読み終わって尚、残っています。

とても大切にしたい作品です!
詩月 あこ
12/04/12 00:11

>>新着レビュー一覧へ