2コールぐらいで喜一君が出た。

「あ、喜一君?ごめんね、今まで――」

『んだよ』


え?

遮られて言われた言葉は、いつもの喜一君からのものじゃなかった。


『昨日、命令したじゃん。毎日会うって』

あれ、本当だったの?

ってきり、嘘だって。


『命令、聞けないの?』

あたしは呆然としていた。

あたしが今喋ってる人は、喜一君?


『凛!?』

急に大きな声で名前を呼ばれ、はっとする。

「ご、ごめんね。今まで講義で、それで……好きだから、嫌いにならないで」



しばらくの沈黙。

嫌われるのは嫌。

大切な人なんだから……離れたくない。



『なら、許す!』


いつもの喜一君の優しい声。

あたしは安堵のため息をついた。