お店を出て、下りのエスカレーターに乗る尊さんにちょこまかついて行く。


尊さんはゆっくり歩いてるのに、どうしてあたしは走らないと追いつかないんだろ。


「あと、卒業式だけって言ったな」

「うん」

「いつだ?」

「2月28日」

「来週か。……制服要るよな」

「うん」


エスカレーターの一段下に立ってる尊さんの顔が、あたしよりちょっと上くらいに来てた。


何か考え込むように顎をさする。



「おまえの彼氏、いつ戻ってくるんだ」

「ええと……3月10日前後って聞いてる」

「3月10日だって?

――まだ2週間以上あるな」


ちっと舌打ちする。

この作品のキーワード
純愛  三角関係  心の成長  切ない  親子関係  年上  じれじれ