★★★★☆
狐面の主人
すごくなんか感動しました!!最後らへんが特に

最初は、狐とか女郎屋とかあまり知らない・馴染みがない言葉で読みにくいなぁって思ってました。だけど、読んでいくうちに入り込んでしまいました。

炎尾が死んでしまった時自分が五穂になったようにすごく悲しかったけど、その分帰って来た時の嬉しさがいっぱいになりました。

とても胸にジーンと来ました!!
波留羅
10/10/03 20:16

>>新着レビュー一覧へ