卯月心さん感想ありがとうございます。

はじめまして、ですね。稲葉さん経由で卯月さんの作品には興味を持っていたのですが、まさか読んで頂けていたとは思いませんでした。

「儚くも透き通った、厭らしくないエロス」はこの作品にとって至上のお言葉です。今まで文章や雰囲気に関する感想はあっても、エロスに言及して頂けたことはなかったので、こんなに嬉しいことはありません。

ありがとうございました。

理由マチコ 12/03/10 18:49

まさに詩的な文章でした。

おやおや、はじめましてでしたっけ?

稲葉さんがレビューを書かれていたので、以前に読んだのですが、もう一度読んでしまいました。

他の作品も読ませていただいていたのですが、書き込みをしたようなしてないような。

とにかく、体言止めが多用されていたのに不自然さを感じず、むしろ詩的な印象が強まり、儚くも透き通った、厭らしくないエロス(←わらりにくいですよね?)を感じました。

お見事でした。
大変美味しくいただきましたm(__)m

卯月心 12/03/09 10:17

木村 咲さん感想とレビューありがとうございます。

文章の流れについては、何回も修正してこだわって書いたので、お褒めの言葉を頂けてすごく嬉しいです!

「ロリータ」とか「知人の愛」とか……、冷静に考えるとヤバイ人(笑)を美しく描いた作品って多いですよね。そういう世界目指して、これからも頑張ります。

理由マチコ 12/02/19 20:19

一気に読ませていただきました。
とてもとても切なくて、とてもとても素敵でした。
不倫は視点を変えるとこんなにも美しいものになるのですね…。すごく感動しました。
偶然にも私はこのような不倫のお話を女性の目線で書いたことがあり、これを読んだ瞬間に、ああ、男性のほうが女性よりロマンチストなのかもしれないなと思いました。
流れるような美しい文章、本当にうっとりしながら読みました。
素敵なお話をありがとうございました!!

木村 咲 12/02/18 23:40

佳歩さん感想とレビューありがとうございます。

綺麗と言って頂けるのが一番嬉しいです!この作品は一応それが取り柄なので。

佳歩さんの作品も存じております。レビューの量にビビりましたよ(笑)執筆頑張ってくださいね(^-^)

理由マチコ 11/01/03 20:14

マチコさま♪

初めまして
つきひとクンのレヴューを見て凄く興味が沸き読みました

一番の印象は綺麗

上手く言葉に出来なかったけどレヴュー残しました

素敵な作品をありがとうございました(*^o^*)

佳歩 11/01/03 18:11

つきひとさんご丁寧にありがとうございます(^-^)

そんなに色々考えてくださっていたとは……嬉しいかぎりです。今までにないご意見で大変参考になりました。熱く語って下さって、本当にありがとうございました。

理由マチコ 10/12/30 14:23

マチコさん、もう一回だけf^_^;

この歳になると、ごちゃごちゃ考えて嫌なのですが、

俺が言った『切ない』は、彼と今の奥さんの関係の事です。
きっと今は冷めきった夫婦かも知れませんが、かつて二人が一緒になった頃は、確かに心が通じ合った時期がある筈で、
俺が考える『不倫』という行為は、もちろんその外見の美しさに惹かれて突き進む場合もあるでしょう…が、

この作品の二人の場合は、一見大人しい印象ですが、きっと息苦しいくらいの寂しさを抱えて、必然的に結びついた感じがあるのです。

愛は、善も悪も、そして世間体なども区別無く降り注ぎ、すべての人間を濡らしてしまう。

抗うことができない弱さがあるから人間であり、

すべてを忘れられるから人間をやっていられます。

そんな切なさ、マチコさんの文学的な文章だから素敵に感じる事ができました。
スイマセン、真面目に語ってしまった(笑)

長々と失礼しました♪

かわせつきひと 10/12/29 18:23

つきひとさん感想とレビューありがとうございます。

草食系かぁ。確かに生命力ないし友達いなそうですね。「切ない」というのも初めて言われたので凄く勉強になります。

この二人には私の価値観や理想がそのまま反映されているので、つきひとさんの感想で自身の気づかなかった一面を指摘された感じでした。ありがとうございました。

理由マチコ 10/12/29 17:19

またまたお邪魔させて頂きました(^_-)☆

他の二作品を読ませて頂いて、どうしても気になってしまいました。

………草食系……の不倫小説といいますか、極端に生命力の低い二人。

二人ともこの世に、心が通い合う友達が居なそうで、そして牽かれあい、孤独を埋め合うような切ない恋愛。読んでるこちらも切なくなり、凄く胸に響きました。

二人のデートはいつも自然に過ごすこと。
ただ肌を重ね、そして同じ景色を見て、言葉少なくお互いを感じられる時間を楽しむ。

まるで幼い子供同士が、その辺の公園で戯れる、どこか夢心地のような描写。

いやらしさなんて全く無く、それどころか美しさまで感じました♪

まるで普通に角川文庫の本を読んでいるようで、マチコさんの文章力にたくさん満足させて頂きました。

素敵なお話ありがとうございました♪

かわせつきひと 10/12/29 12:49

次へ最後へ

>>感想ノートに戻る

>>作品に戻る

 ※通報とは?