★★★★★
涙が自然と流れていくのを感じる。
障害があるお子さんを育てる――
その大変さをすごく感じました。

生きている限り、誰でも事故や病気で障害を持つ可能性があるわけで……
つまり決して他人事の話ではないわけで……

――だから自分が障害者だったらこの社会はどう感じるのか?

そういう視点で、
バリアフリーや社会制度を考えるきっかけのひとつにこの作品は絶対なると思います!

そう読者に感じさせるのは、
作者の時希さんが一生懸命深い愛情を持って子育てを頑張っている、作品の行間から伝わってくるその姿を見て――
素直に応援したくなるからだと思います。

本当に読んでいる間、
涙が自然と流れていくのを感じる――
素晴らしい作品でした★
天城みこと
08/02/25 11:24

>>新着レビュー一覧へ