★★★★★
ようこそ!なんでも屋へ
母が倒れたという報せを受け、帰国した神。 


彼が、ホストの次に選んだ仕事は[なんでも屋]。 


同じ街を舞台に、神が、依頼された仕事に奮闘する姿が描かれています。 


この仕事を通じ、自分の壮絶な過去とも対峙する神。 


テンポよく進められる展開に、頁を捲る指が、早まります。 


さぁ、あなたも、7階の[なんでも屋]のドアを叩いて下さい!お薦めします!
夏陽
08/03/25 11:25

>>新着レビュー一覧へ