──たとえ別れたとしても、君を忘れることなんてできるわけなかったんだ。



夢のため、大切な人に別れを告げた。

そしてやっと掴んだ大きなチャンス。

夢が叶いかけたとき、欲張りな僕は思ってしまったんだ。

『愛も夢も、どちらも手に入れたい』

だから君を迎えに行く。


この作品のキーワード
運命  一途  すれ違い    過去