この作品はホラーだ。



それは間違いない。



しかしだ。


果たしてこれを読み終えた後、貴方は本当に、この作品をホラーだと言うだろうか。




これはホラーであって、ホラーじゃない。





今まで読んだことのない、少し変わった話しが読みたい人にオススメだ。




それではどうぞ。




夜の世界へ。



※グロいです

この作品のキーワード
恐怖  恋愛    悲しい    幽霊  短編  コメディ  感動