世界の光を包む闇の優しさよ

昼に見たのは戦争の光景

それを包んで落ち着かせてくれる闇の存在を

俺達は嫌ってはならない

戦いに明け暮れた戦士達の鼓動が

光に伝わって 光は苦しむ

一時間も経てば光は闇に包まれて

安らかな眠りにつくだろう

夜になれば戦いの先の陰謀を闇は見る

闇の見た光景は朝の光によって癒され

光は借りを返すために闇を抱擁する

光は闇の優しさを 闇は光の優しさを

交互に受け継いで 安らかに眠るだろう

この作品のキーワード
詩篇    ポエム  恋愛  詩集  哲学