あなたの笑顔に惹かれた高校一年の二学期の始まり。

周りの物音さえ聞こえないくらいの衝撃だった。