ある月夜
彼は目を開けると
見知らぬ少女に
看病されていた

周りを見渡すと
妖怪集団「野良夜行」
と名乗る
見知らぬ男女


何が起こったのか
思い出そうにも
何も思い出せない

状況も
自分の名前さえも


記憶喪失に
なってしまった
彼と

妖怪を名乗る
野良夜行


そんな彼らの
小さな
友情物語

この作品のキーワード
野良夜行  妖怪  記憶  記憶喪失  クマ紳士  おかっぱ  妖狐  着物  裸族  護りたいもの