並んだ、机

触れそうなぐらいの、肩

ちゃんと聞こえる、声

どれもが愛しい…


どうして

あたしじゃダメなの…?

どうして

君じゃなきゃダメなんだろう…


何度も、諦めようと思った

何度も、嫌いになろうと思った

けど、君へのキモチは消せない…

たった、一言で、2文字なのに…

──君に言えない

「すき」という言葉が…。


君と出会わなければ良かった──。


そしたら、あたしを好きになってくれる人を、

好きになれたかな…?


この作品のキーワード
片思い  親友  家族  胸キュン  高校生