生きる意味なんてわからなかった

「なんで私…生きてるのかな」




生きる理由なんてわからなかった

「私…生きててもいいのかな」



怖いものなんて、ない

失うものなんて、ない



そんな私にとってあいつらは

「泣きたくなったら泣けばいい

笑いたくなったら笑えばいいんだ」



ーーあいつらは、新撰組は、


「生きる理由や意味ばっか考えてないで

ただ心の底から生きたいって思えよ!」


大切な、
無くてはならない存在になっていた






※歴史ものです。

忠実ではない部分もあるかもしれませんが、
ぜひ読んでみてください



ジャンル別ランキング・
ファンタジー部門最高3位

読者数300人突破!!

ありがとうこざいます





櫻田しおん様

素敵なレビューありがとうございます


ぺム様、櫻田しおん様、凪瀬様、紺汰様

恋。様、チョコミルク様、さうら様

百桃様

感想ありがとうございました



只今修正中





この作品のキーワード
恋愛  シリアス  新撰組  幕末  時代  歴史  ファンタジー  沖田総司  新選組   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。