春夏秋冬


それぞれの季節に
精一杯 輝き



そして 枯れゆく





それでも 咲かずにはいられない




己の存在を 大輪に乗せて



そんな彼女達の呟き

その姿は


儚くも 美しく人を魅了する








6月の蛍を、宗久シリーズとして続けたいと思います(^O^)

不思議な世界へと導かれる宗久をご賞味下さい
o(^-^)o


今回は、超・短編です☆

目次

この作品のキーワード
宗久シリーズ  彼岸花    着物  秋風  季節  草花  囁き  能力  怪談