そして、部屋に戻ると・・・

「オカエリー」

「にゃあお」

相変わらず惚れ惚れするくらい可愛い顔のツバサくんと、いとしいサクラのお出迎え。


と、その背後に・・・見慣れないモノが。


「・・・何、これ」

「ユキさん、帰ったらまず『タダイマ』でしょ?幼稚園で習うことだよ?」

バッグを受け取られたアタシは、つい素直に。

「そっかタダイマ」

と、言ってしまう。

「ヨシヨシ。ゴハンは?軽く食べる?お茶漬けとか?」

「ううん、肉まん食べてきた・・・じゃ、なくて!!ツバサくん、アレ、ナニよ??」

・・・ったく、どうしていつもツバサくんのペースにのせられちゃうかな。

軽く眉をしかめながら、ツバサくんとサクラの背後にある『もの』を指差して、アタシ。

「アレとかナニとか・・・ユキさん、何気にやらしーし」

「なっ!やだ、違う!違うわヨ!!」

アタシはバシっとツバサくんの腕を叩く。

さっき触れた安藤より、さらに細い、華奢な腕。

「サクラのお気に入り。やっぱ日本の冬にはコレがないとネ」

「にゃあ」

いつの間にかサクラはツバサくんと随分仲良くなったようだ。ツバサくんの細い足に、すりすりと身体を摺り寄せている。



・・・サクラめ。

この作品のキーワード
  サクラ      秘密  切ない  純愛  年の差  オトナ女子   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。