◇早川 芽衣
◆宮坂 千明

◆沖田 拓海



―――私はきっと、この人を好きになる。

そんな事を直感的に感じちゃう恋なんて、私には無縁だと思ってたのに。
あの時、確かにそう感じた。

運命だなんて大げさだけど……、なにか絶対的なモノを感じたんだ。


―――けど。

あの甘い夜は、沖田さんと過ごしたと思ってたのに、目が覚めて隣にいたのは……、同期の宮坂で。



「―――昨日。
早川を抱いたのは、俺だから」

「身体の相性がよければ、芽衣の気だって変わるかもしれないし」


私が運命を感じた相手って……、誰だったの?




start.2011.10.31
end.2012.3.15

目次(書籍化作品のため、規定により二章以降は非公開になります)

◇「……脱がせた方がよかった?」◇「思い出させてあげようか?」
◆「今夜、予定ある?」      ◇「俺がしてやるよ。お仕置き」
◇「で、これからどうする?」◇「俺が男だっていう事も、忘れるな」
◆「19時にロビーで」     ◇「これは、俺が使わせてもらう」
◇「もっと俺を欲しがって」    ◇「俺の部屋で、続きしようか」
◆「俺が“被害者”だ」             ◇「……眠れそう?」
◇「騙されやすいにもほどがある」◇「頼むから、大人しくしてて」
◇「全部、説明するよ」       ◇「本当の気持ち、教えてよ」
◇「おかげさまで」           ◇「多分……、例の件だろ」
◇「もう、大丈夫だから」       ◇「傍にいるよ。……ずっと」

好評発売中

あらすじを見る
酔って帰ったOLの芽衣が翌朝目覚めると、なぜか“イケメン眼鏡王子”と噂される同期の宮坂が隣で寝ていた!そして待っていたのは「昨日、おまえを抱いたのは俺だから」という衝撃の宣告。昨夜の記憶が曖昧な芽衣は、クールで恋愛に興味がなさそうな宮坂だけに、冗談だと思い込もうとする。しかしそれ以来、あの手この手で距離を縮めてこようとする彼にドキドキさせられっぱなしで…。
この作品のキーワード
オフィス  同期  社長  甘い  三角関係  恋人  草食  キス  政略結婚  上司 

ベリーズ文庫

蜜色オフィス
蜜色オフィス
amazonで買う
楽天で買う

ベリーズブックス

蜜色オフィス
蜜色オフィス
amazonで買う
楽天で買う
パピレスで買う
hontoで買う